ご相談・ご依頼はこちらから! 「当事務所紹介」のページはこちらから!


★内容証明・示談書・和解書・誓約書・公正証書の作成にも対応しております


★内容証明での請求は着手金1万円・成功報酬8%という明確な料金体系です


★電話・メールでの無料相談に対応しております


岸和田・貝塚などで不倫慰謝料問題でお困りの方へ


■はじめまして行政書士の内田と申します。当事務所は大阪市にある行政書士事務所で不倫慰謝料に関連する書面作成業務を専門的に取り扱っています。不倫相手に慰謝料を請求したい方であれば「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」、不倫相手との話し合いによって慰謝料の金額がすでに決まっている方であれば「示談書や合意書の作成」、慰謝料が分割払いなどになるため公正証書の作成をご希望の方には「公正証書の代理作成」などのサービスを提供しております。不倫慰謝料関連の書面作成についてお困りのことがございましたらご相談ください。


■当事務所はご相談者・ご依頼者の負担を軽減することによって「ご相談・ご依頼していただきやすい事務所」を目指しております。そのために「電話・メール相談の無料化」「ご依頼をお受けする場合の初期費用の低額化や後払い制の導入」「料金体系の明確化」などを実施しております。不倫問題でお困りの方にさらに大きな負担をおかけすることのないように努めております。


■配偶者が不倫をしてしまい、不倫問題に直面することなど人生においてあまりないことです。ご自身で対処し問題を解決することも可能かもしれませんが、様々なご不安がある場合には専門家の手を借りるのも一つの方法です。ある程度の費用をかけれるのであれば弁護士の先生に代理交渉や訴訟を依頼するのもよいと思いますし、内容証明・示談書・公正証書などの書面作成やサポートが必要であれば当事務所のような行政書士にご相談・ご依頼いただくのもよいかと思います。


当事務所では無料相談に随時対応しておりますので、ご不安のある方やお聞きになりたいことがある方はご利用ください。お話をお聞きして当事務所の見解をお伝えしますので、その後に「依頼する・しない」をお決めいただければよいかと考えております


ご相談・ご依頼はこちらからどうぞ!



※岸和田市・貝塚市をはじめ全国からのご依頼に対応しております。

内容証明による請求で慰謝料は支払われるのか?


■不倫慰謝料の請求手段として内容証明が一般にもよく知られています。ところで、その内容証明ですが不倫相手に送れば確実に慰謝料が支払われるものなのでしょうか?


■結論から申し上げますと「内容証明を送ったからといって慰謝料が確実に支払わるわけではありません」。それにはいろいろと理由はあるのでしょうが以下のような理由が一般的かと思います。
@そもそも慰謝料を支払うつもりがない
A内容証明に法的拘束力がないから
B内容証明の内容が滅茶苦茶だから
C事態の収拾の仕方が拙いから
D請求金額が高すぎるから

他にも様々な理由はあるでしょうが主なところだけあげてみました。


■まず@についてすが「慰謝料を支払うつもりが全くない相手」に対してはそもそも何をしても無駄です。最終的に裁判などをするしかありませんが、お金がない相手であれば裁判をしても慰謝料がとれない場合もあります(慰謝料を支払え、という判決を得ても差し押さえる財産がない状況です)。


■Aに関しては内容証明自体に法的拘束力がないため「裁判を起こされるまでは対応しない」という人が一定数います。Bに関しては内容だったり文章だったりが支離滅裂な場合です、ご本人が作成した内容証明でよく見かけます。


■CはBに近いですが、一般的には内容証明での請求は「内容証明を送る」「慰謝料金額の合意」「示談書作成」「示談書への署名捺印」「慰謝料の振り込み」という流れで解決に至ります。ただ中には示談書をかわす前の段階で慰謝料の振り込みを要求される方もおられます。当然その通りに振り込む不倫相手もいますが、一般的なルールからは外れているためそのような揉めなくてよい部分で揉めてせっかくの合意が無駄になることもあるようです。


■Dについては、例えば慰謝料の相場が50万円程度のケースで300万円の慰謝料を請求してもまず支払われません。最初の請求は別に高額でもよいのですが、相手方からの減額要求に対してあくまで高額な慰謝料にこだわった場合はほとんど決裂に至ります。


■さて色々と書きましたが、それでも内容証明での不倫慰謝料請求を行われる方が多いのはなぜでしょうか?以下で少しまとめてみました。
・内容証明を受け取って反省したり、心理的な圧力を受けて支払いに応じてくる人もそれなりの割合でいる。(請求内容が妥当であればある程度の割合の人が対応してきます)
・いきなり裁判をするのでなく、とりあえず内容証明を送って不倫相手の反応を見てみたい。(このような考えの方は多いですね)
・弁護士に依頼すると費用が高額である。(よってご自身で内容証明を送ったり、当事務所のような行政書士事務所にご依頼されるようです)
・裁判など大袈裟にしたくない。(極力裁判を避けたい方もおられます)



■当事務所としては「ケースによっては内容証明はそれなりに有効な請求手段」という見解です。当事務所はこれまで、かなりの数の「内容証明での不倫慰謝料請求」に関与してきました。ご依頼・ご相談があった場合には今までの経験に基づいてお話させていただいております。


ご相談・ご依頼はこちらからどうぞ!



※岸和田市・貝塚市をはじめ全国からのご依頼に対応しております。

当事務所の「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」の特徴


@無料相談を実施しております

■「どのくらい費用がかかるのか」「話をきちんと聞いてくれるのか」など色々とご不安があるかと思いますので、まずは電話等でご相談ください。


A当事務所までお越しいただかなくてもご依頼可能です

■このページをご覧の方は恐らく岸和田、貝塚近辺にお住まいでしょうから当事務所までお越しいただくには少しお時間がかかるかもしれません。また、育児・家事・お仕事などでお忙しいかもしれません。そのような場合には当事務所までお越しいただかなくてもご依頼をお受けすることができます。
■当事務所は大阪市内にあります。岸和田、貝塚あたりからのご依頼の場合、ご依頼にあたって当事務所までお越しになられるのは3割程度というところです。残りの方は電話、メール、FAX、郵送などの手段でやり取りしてご依頼をお受けしております。


B平日夜にもご相談・ご依頼に対応しております

■平日は午前11時から午後9時まで、土曜は午前11時から午後4時までご相談・ご依頼に対応しております。


C費用がわかりやすいです

■「着手金1万円」「成功報酬8%」「示談書作成1万円」というわかりやすい費用体系です。不倫相手が請求に対応してこなかった場合には着手金以外の費用が発生しないため、ご依頼者の金銭的なリスクは低めです。
■他の行政書士事務所と比べてもそれほど高くない費用体系です。


D経験豊富な行政書士が対応します

■数多くの不倫慰謝料関連の文書(内容証明・示談書・公正証書・誓約書・合意書・和解契約書など)の作成実績があり経験が豊富です。


ご相談・ご依頼はこちらからどうぞ!



※春木・和泉大宮・岸和田・蛸地蔵・久米田・下松・東岸和田・貝塚・二色浜・東貝塚・和泉橋本・水間などからのご依頼に対応しております。

「内容証明での不倫慰謝料請求」をご依頼される場合に必要な費用 


◆初期費用:1万円
◆成功報酬:8%
◆示談書作成費用:1万円


■初期費用(着手金)には内容証明郵送料1通分(2000円〜2500円程度)も含まれております。
■上記費用にて2通目以降の文書作成も行います(2通目以降は1通ごとに費用が発生するわけではありません)。
■(当然ですが)相手方が慰謝料の支払いに応じてこない場合には成功報酬は発生しません。


◆費用例
不倫相手から慰謝料100万円の支払いがあった場合
(内容証明で慰謝料200万円を請求、不倫相手が内容証明を受け取りその後2通ほど書面のやり取りがあり最終的に100万円の支払いで合意。慰謝料100万円を支払う示談書をとりかわした。)
着手金1万円+成功報酬8万円(100万円の8%)+示談書作成費用1万円=合計10万円


※費用面などで気になる点がある場合はお問い合わせください。


ご依頼・ご相談はこちらからどうぞ!


内容証明以外でこのようなケースではどんな書類が必要?


◆不倫相手との話し合いで慰謝料の金額が決まった

◆「今後妻(夫)と会わない・連絡しない」のような約束をさせたい

◆「今後今回のことを周囲に言いふらさない」のように誓約させたい

 

示談書作成をおすすめします


■あなたが不倫相手とある程度話ができる状態で、かつ慰謝料金額や今後の約束などが話し合いでまとまりそうな場合には示談書を作成しておくとよいでしょう(その段階まで進んでいれば内容証明を送る必要性は低いと思います)。示談書には「事実関係」「慰謝料の金額や支払い方法」「支払いが遅れた場合の遅延損害金」「今後の約束」「管轄裁判所」「清算」などの内容を記載しておけば、今後何らかの問題が発生したときに役に立ちます。

■当事務所では示談書作成のみのご依頼もお受けしております。詳しくは以下の示談書作成のページからご確認ください。

示談書作成のページはこちらから




◆「慰謝料120万円を月2万円ずつの60回払いで支払う」と不倫相手が提案してきた

◆慰謝料120万円を一括で支払うと言っているが準備できるのが10ヶ月後らしい

◆普通の示談書でなく公的な文書を作成して不倫相手に心理的圧力を加えたい

 

公正証書作成をおすすめします


■公正証書は「示談書をより強化した書類」というイメージを持っていただいたらよいかと思います。公正証書は金銭に関しては強制執行力があるため、「長期間の分割払い」「一括払いでも支払い時期がかなり先」のようなケースでよく作成されます。逆に言えば「一括払いで支払い期限が3日後」のようなケースでは公正証書を作成する必要性は低いかもしれません。

■当事務所では「公正証書代理作成」「公正証書作成サポート」などのご依頼をお受けしております。詳しくは以下の公正証書作成のページをご確認ください。

公正証書作成のページはこちらから




▼不倫慰謝料関連の書面作成業務対応地域→大阪府を中心に全国対応


※当事務所は大阪市中央区(地下鉄堺筋線の堺筋本町駅近く)にございます。当事務所にお越しになられる際は前もってご連絡ください(他の業務の都合により事務所に不在の場合があるためです)。

グーグルマップで当事務所の位置を確認する場合はこちらから!



<貝塚市・岸和田市をはじめ全国からのご依頼に対応>
岸和田市(久米田駅・下松駅・東岸和田駅・春木駅・和泉大宮駅・岸和田駅・蛸地蔵駅)貝塚市(東貝塚駅・和泉橋本駅・貝塚駅・二色浜駅・貝塚市役所前駅・近義の里駅・石才駅・清児駅・名越駅・森駅・三ツ松駅・三ヶ山口駅・水間駅)などからのご依頼・ご相談に対応しております。