ホーム>探偵業届出

ただいま無料相談を実施中です。お気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちらからどうぞ!

探偵業届出代行サービス>大阪・堺・東大阪・豊中・枚方・吹田など

◆行政書士が警察署への探偵業の届出を代行します
※現在は個人案件のみの受付となっております。
■探偵業法の改正により、探偵業の営業をするには公安委員会への届出が必要となっています。届出が正式に受理されていない状態で探偵業を営業した場合は6ケ月以下の懲役又は30万円以下の罰金が科せられてしまうのでご注意ください。

■探偵業の届出はご本人でもできるでしょうが、「めんどくさい」という方もおられるでしょう。そのような方は当事務所にご依頼いただくのも良いかもしれません。「めんどくささ」は軽減できると思います。

探偵業届出代行料金 (個人) 

大阪市内→2万3000円+交通費(中央区からの)

大阪市外→2万5000円+交通費(中央区からの)


■「探偵業代行料金に含まれるもの」は以下の通りです
・探偵業開始届出書などの必要書類の作成
・住民票、登記事項証明書、身分証明書の取得と取得費用
・現地警察署へ出向いての届出
・前後の相談

■「探偵業代行料金に含まれないもの」は以下の通りです
・不動産の登記簿等が要求された場合の取得費用
・届出が認められた後の「警察からの説明」への同行(ご本人に対して探偵業を行うにあたっての注意や説明があります。基本的にはご本人1人で行っていただきます)
・大阪府への届出(警察への届出とは全くの別です)。基本的には届出書1枚を提出して、探偵業に関する注意事項(届出先が人権局人権擁護課ですので部落差別関連の注意だと思います)を聞くだけですから、届出先である咲洲庁舎(南港)まで行く時間がおありでしたらご本人が行かれても問題ないと思います。当事務所で大阪府への届出を代行する場合の費用は5000円です。

探偵業届出代行に必要な書類

◆主な必要書類は下記の通りです。営業の形態、提出する警察署によって求められる書類が以下と違うこともあります。管轄の警察署に確認が必要です。
 
個人
法人
備考
探偵業開始届出書
 
欠格事由に該当しない誓約書
役員・管理者全員分も必要。
住民票
役員・管理者全員分も必要。
身分証明書
役員・管理者全員分も必要。
登記されていないことの証明書
役員・管理者全員分も必要。
履歴書
役員・管理者全員分も必要。
賃貸借契約書・使用承諾書
大阪府下では要求されないことが多いです
土地・建物の登記簿謄本
大阪府下では要求されないことが多いです
営業所周辺地図
大阪府下では要求されないことが多いです
登記事項証明書、定款
×
法人の場合。
法定代理人の許可書
申請者が未成年の場合。
大阪府への届出書
警察に出すものとは別です。

※上記の表中の必要書類は、提出する警察署によっては「必要ない場合」もあります。ご自身で申請をされる場合は管轄の警察署に詳しくお問い合わせください。

ご依頼・ご相談はこちらからどうぞ! (相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください)

▼この業務の対応可能地域→大阪府

※大阪全域の届出に対応しています。その他の地域でも状況によっては対応致しますのでご相談ください。