ホーム>古物商許可申請

★ただいま無料相談を実施中です。お気軽にお問い合わせください。

★個人の申請代行費用3万円〜・法人の申請代行費用4万円〜

★住民票・身分証明書・登記されていないことの証明書の取得費用は基本費用に含んでいます。


ご相談はこちらからどうぞ!

大阪市など大阪府下の古物商許可申請を行政書士が代行します

■古物商許可をとるためには、身分証明書、登記されていないことの証明書等の公的書類からはじまり、多数の書類を作成・提出する必要があります。ご自身で取得することもできますが、忙しい方にとっては非常に面倒だと思います。

■書類の作成・警察署への提出を専門の行政書士が代行いたします。ご自身でやる作業がゼロになるわけではありませんが(誓約書へのサイン、行政書士とのやり取りなどがあるため)、めんどくささは9割方緩和されるでしょう。

個人の古物商許可申請代行料金

大阪市内の個人古物商許可申請代行→3万円
大阪市以外の個人古物商許可申請代行→3万3000円

◆個人の古物商許可申請代行サービス料金に含まれるもの
・古物商許可申請書類の作成
・住民票・身分証明書・登記されていないことの証明書の収集及び収集に必要な費用
・古物商許可申請代行(警察署へ行政書士が直接出向き、申請書類を提出します)

◆個人の古物商許可申請代行サービス料金に含まれないもの(別途料金が必要です)
・公安委員会への許可審査手数料
 (警察署で支払う申請の手数料のことです。1万9000円です)
・交通費
 (基本的には当事務所最寄駅から警察署最寄駅への電車代のことです)
・古物商許可がおりた後、許可証を警察署に取りに行く際の同行

法人の古物商許可申請代行料金

大阪市内の法人古物商許可申請代行→4万円
大阪市以外の法人古物商許可申請代行→4万3000円

◆法人の古物商許可申請代行サービス料金に含まれるもの
・古物商許可申請書類の作成
・住民票・身分証明書・登記されていないことの証明書の収集及び収集に必要な費用
(役員2人目まで)
・古物商許可申請代行(警察署へ行政書士が直接出向き、申請書類を提出します)

◆法人の古物商許可申請代行サービス料金に含まれないもの(別途料金が必要です)
・公安委員会への許可審査手数料
 (警察署で支払う申請の手数料のことです。1万9000円です)
・交通費
 (基本的には当事務所最寄駅から警察署最寄駅への電車代のことです)
・古物商許可がおりた後、許可証を警察署に取りに行く際の同行
・役員3人目からは必要資料の収集と作成にお1人につき5000円を追加させていただきます。
 (2人目までは基本料金に含んでおります)

けっきょく最終的に必要な費用はいくらですか?

上記の当事務所手数料+警察署の手数料(1万9000円)です


ご依頼・ご相談はこちらからどうぞ! (相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください)

古物商許可を取得する際に必要な書類

◆必要書類@
※基本的に必ず必要な書類です。
個人
法人
備考
古物商許可申請書一式
 
URL使用権限を疎明する資料
ホームページを使用する場合。
欠格事由に該当しない誓約書
役員・管理者等全員分が必要。
住民票
役員・管理者等全員分が必要。
身分証明書
役員・管理者等全員分が必要。
登記されていないことの証明書
役員・管理者等全員分が必要。
経歴書
役員・管理者等全員分(過去5年以内)
法人の登記簿謄本・定款
×
 

A必要書類A
※営業の形態、提出する警察署によって求められる場合、求められない場合があります。
個人
法人
備考
営業所周辺の地図
 
営業所内部の見取図
保管場所を明記します。
営業所の賃貸借契約書のコピー
営業所が賃貸の場合です。
使用承諾書
営業所が賃貸の場合です。
登記簿謄本の写し等
営業所が自己の所有物件の場合です。
家族からの使用承諾書
営業所が親の所有物件の場合等です。
法定代理人の許可書
申請者が未成年の場合は必要です。
駐車場の賃貸借契約書・見取図
自動車商の場合です。

※上記の表中の必要書類ですが、提出する警察署によっては「必要ない場合」もあります。ご自身で申請をされる場合は管轄の警察署の担当部署に細かくご確認ください。

ご依頼・ご相談はこちらからどうぞ! (相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください)

この業務の対応可能地域→大阪府下

大阪市・堺市・豊中市・池田市・吹田市・守口市・東大阪市・摂津市・茨木市・高槻市・寝屋川市・門真市・大東市・四条畷市・交野市・枚方市などに申請に対応しております。 ※その他の地域でも状況によっては対応致しますのでご相談ください。