ご相談・ご依頼はこちらから! 「当事務所紹介」のページはこちらから!


★行政書士が内容証明での不倫慰謝料請求をサポートします


★無料相談を実施しておりますのでお気軽にお問い合わせください


★着手金1万円・成功報酬8%というわかりやすい料金システムです


★平日は夜9時まで対応しております


不倫慰謝料請求とは?


■配偶者の浮気が原因で夫婦関係が冷え込んだり、離婚することになった場合、浮気相手に対して「精神的苦痛を受けた」として慰謝料を請求できます。

■慰謝料というのは、違法・不法な行為により精神的苦痛を受けた場合に生じますので、夫婦が離婚に至らなかった場合でも浮気相手に対して慰謝料を請求することができます。


不倫慰謝料の金額はどのくらいか?


■明確な決まりはありませんが、裁判例や今までの経験から考察すると50万円〜300万円あたりが慰謝料の相場だと考えられます。なぜ、これほど金額に差が出るのか?と思われるでしょうが、これは一口に不倫と言っても様々な形態があるからです。「不倫が原因で離婚するかどうか」「不倫の期間」「不倫交際の内容」「不倫交際開始の経緯」「不倫相手の年齢、社会的地位、資産状況」「不倫相手と配偶者の関係性」など様々な要因によって妥当な慰謝料金額(裁判での相場)というものは変動すると思います。

■例えば、不倫期間が数年に及びそれが原因で離婚ということになれば150万円〜200万円程度の慰謝料が妥当かもしれません。また、不倫期間が半年ほどでご夫婦が離婚に至らないということであればそれほど高額な慰謝料は望めないかもしれません。

■請求する際には「あなたのご希望の金額」「慰謝料の相場」「相手の状況」などを総合的に考慮して慰謝料金額を決められるべきだと思います。


不倫慰謝料を請求する方法とは?支払いがある可能性とは?


■請求方法に決まった方法はありません。当事者間で話し合いで決まればそれでもよいですし、弁護士に依頼して裁判をしてもよいでしょう。

■当事務所でご依頼をお受けする際は「内容証明郵便での請求」となります。当事務所名を記載した内容証明を不倫相手方に送ります。

■(内容証明で請求文書を送った場合の)慰謝料が支払われる可能性ですが、これは不倫相手の正確、経済状況、請求金額によって大きく変化します。全く同じ案件でも50万円請求する場合と200万円請求する場合では支払われる可能性は天と地の差ほどあるでしょう。ですから、一概に「内容証明を送った場合には何%くらいの確率で支払われる」と言っても無意味かと思います。


当事務所の「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」の特徴


@無料相談の実施

■「費用がどのくらいかかるのか」「ちゃんと話を聞いてくれるのか」「どのようなサービスなのか」などいろいろとご不安だと思いますので、無料相談をご利用いただきご相談ください。
■電話、メールでの相談は予約なしで対応しております。事務所に来られての面談の場合のみ事前にご予約ください。


A当事務所までお越しいただかなくてもご依頼可能です

■このサイトをご覧の方は恐らく大阪にお住まいでしょうから、事務所までお越しいただくこともできるかと思いますが、お仕事・家事・育児などでお忙しければ当事務所までお越しいただかなくてもご依頼をお受けすることができます(その場合は委任状等は郵送でいただきます)。


B依頼しやすい費用体系です

■下記でも説明いたしますが「着手金1万円」「成功報酬8%」「示談書作成1万円」というわかりやすい費用体系です。
■「他の事務所よりも安価で良いサービスを提供すること」を目標としておりますので、他の事務所と比べても依頼しやすい費用体系かと思います。


C書面作成を通してご依頼者をサポートします

■行政書士は書面作成の専門家です。「内容証明」「示談書」「合意書」「誓約書」「回答書」「公正証書」などの書面作成とそれらに伴うご相談への対応と通してご依頼者をサポートしております。


Dご依頼者の納得いくまで内容を修正いただけます

■内容証明は当事務所が作成した内容をそのまま不倫相手に送りつけるのではなく、ご依頼者に何度でもご確認いただきます。内容の追加、修正、削除などを通じてご依頼者の納得いく内容のものにします。


E専門の行政書士が対応します

■ご依頼・ご相談には数多くの不倫慰謝料案件に関与した経験豊富な行政書士が対応いたします。

ご相談・ご依頼はこちらからどうぞ!



※大阪市内全域(梅田・天満・福島・野田・西九条・千鳥橋・伝法・安治川口・玉川・海老江・淀川・中津・中崎町・天神橋筋六丁目・扇町・北新地・大阪天満行宮・南森町など)からのご依頼に対応しております。

ご依頼をお受けする場合の流れ


以下がご依頼をお受けする場合の簡単な流れです。

@電話、メール、事務所での面談などでご相談ください。ご相談をお聞きした後当事務所の見解をお伝えします。その後、「当事務所に依頼する・しない」をお決めいただいたらよいかと思います。(初回の相談は無料です)
 ↓
Aご依頼になった場合、必要な情報をお教えいただきます。事務所に来られない場合にはメール・FAXでのやり取りでお教えいただきます。
 ↓
Bいただいた情報、お聞きしたお話などをもとに内容証明の案を作成、ご依頼者にメール・FAXなどでお送りして内容を確認していただきます。
 ↓
C案をもとにご依頼者と話し合い、内容を修正して、ご依頼者のOKが出たものを内容証明郵便で不倫相手に送付します。
 ↓
D不倫相手の反応を見て今後の対応を協議します。例えば不倫相手から回答書が送られてきた場合にはそれに対する書面が必要となるでしょうから、そのような書面の作成も行います。また、示談書・合意書などの作成にも対応します。

ご相談・ご依頼はこちらからどうぞ!



※大阪市内全域(新大阪・十三・神崎川・塚本・御幣島・加島・姫島・千船・福・出来島・西中島南方・三国・淡路・下新庄・相川・崇禅寺・井高野・だいどう豊里・南方・柴島など)からのご依頼に対応しております。

内容証明での不倫慰謝料請求を依頼される場合に必要な費用 


◆着手金:1万円
◆成功報酬:8%
◆示談書作成費用:1万円


■着手金1万円には内容証明郵送料1通分が含まれております。
■相手方が支払いに応じてこない場合には成功報酬は発生いたしません。


◆費用例1
請求相手から100万円の支払いがあった場合
(不倫相手が内容証明を受け取り後2通ほど文書のやり取りがあり、120万円の支払いで合意。その後示談書をかわしてから慰謝料120万円の支払いを受けた。)
着手金1万円+成功報酬9万6000円(120万円の8%)+示談書作成費用1万円=合計11万6000円

◆費用例2
慰謝料200万円を請求したが相手方がまともな対応をしてこなかった
(内容証明郵便を受け取った相手方が30万円への慰謝料金額の減額を要望してきた。少なくとも120万円でなければ示談できない旨を書面で送ったが拒絶されたため、訴訟を視野に入れ弁護士への依頼に切り替えた)
必要な費用は着手金1万円のみです

※費用面で不明な点、ご不安な点がある場合はお問い合わせください。

ご依頼・ご相談はこちらからどうぞ! (相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください)




◆示談書作成のみのご依頼の場合→1万6000円


詳しい示談書作成のページはこちらから

■慰謝料を受け取る際、支払う際には示談書を作っておいた方が良いでしょう。
■示談書の一番下に作成事務所名(当事務所の名前と行政書士印)を含めたい方はオプション(+3000円)で含めることもできます。

ご依頼・ご相談はこちらからどうぞ! (相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください)




◆公正証書作成のみのご依頼の場合→4万8000円


詳しい公正証書作成のページはこちらから

■慰謝料が高額であったり、分割払いの際には公正証書作成をご希望される方も多いです。
■上記費用(4万8000円)以外に実費(公証役場へ支払う費用)が必要です。詳しくはご相談ください。

ご依頼・ご相談はこちらからどうぞ! (相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください)




▼不倫慰謝料関連業務の対応可能地域→全国対応可能です。


※事務所は大阪市の中央区(堺筋本町駅近く)にあります。事務所に来られる際は前もってご連絡ください。

事務所地図はこちらから



<大阪市を中心に全国対応可>
北区・福島区・此花区・西淀川区・東淀川区・淀川区(JR大阪駅・梅田駅・東梅田駅・西梅田駅・北新地駅・中津駅・中崎町駅・天神橋筋六丁目駅・天満駅・扇町駅・南森町駅・大阪天満宮駅・福島区・福島駅・新福島駅・野田駅・西九条駅・安治川口駅・桜島駅・野田阪神駅・淀川駅・伝法駅・千鳥橋駅・玉川駅・姫島駅・千船駅・福駅・出来島駅・御幣島駅・加島駅・塚本駅・十三駅・神崎川駅・西中島南方駅・南方駅・柴島駅・崇禅寺駅・三国駅・東淀川駅・淡路駅・下新庄駅・上新新庄駅・相川駅・井高野駅・瑞光四丁目駅・だいどう豊里駅・新大阪駅)などからのご依頼・ご相談に対応しております。