ご相談・ご依頼はこちらから! 「当事務所紹介」のページはこちらから!


当行政書士事務所は「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」をはじめ示談書、公正証書、誓約書の作成など書面作成を通して不倫慰謝料問題でお困りの方をサポートしております。無料相談を実施しておりますのでお気軽にご相談ください。



大東市・四条畷市の不倫慰謝料問題でお困りの方へ


■当事務所は不倫慰謝料に関連した書面作成を専門的に取り扱う行政書士事務所です。内容証明、示談書、合意書、誓約書、公正証書など普段の生活ではあまり馴染みのない書面を作成しております。もし不倫慰謝料に関する書面作成でお困りのことがございましたらご相談ください。

■当事務所は「相談・依頼しやすい事務所」を目指しております。そのため「電話・メールでの無料相談への対応」「ご依頼をお受けする場合の初期費用の低額化」「わかりやすい料金システムの導入」などを実施し、ご依頼者の負担軽減をはかっております。例えば「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼をお受けする場合は着手金1万円、成功報酬8%、示談書作成費用1万円という料金システムでご依頼をお受けしております。

■電話やメールでのご相談には無料で対応しておりますので「依頼した場合に必要な費用が知りたい」「どのような書面が作成できるのか」「このようなケースではどんな書面が必要なのか」などお聞きになりたいことがございましたら遠慮なくご相談ください。お話をお聞きして当事務所の見解等をお伝えしますので、その後に「依頼するかどうか」をお決めいただければよいと考えております。


ご相談・ご依頼はこちらからどうぞ!




※大東市、四條畷市(住道・四条畷・野崎・忍ヶ丘)をはじめ大阪府全域からのご依頼に対応しております。


当事務所でご依頼をお受けしている不倫慰謝料関連の書類作成業務のご紹介



内容証明郵便での不倫慰謝料請求サポート

■内容証明郵便の作成・発送から示談書作成までまとめてサポートいたします。着手金1万円・成功報酬8%(相手方が支払いに応じてきた金額の8%)・示談書作成費用1万円というわかりやすい料金システムでご依頼をお受けしております。

内容証明での不倫慰謝料請求サポートについて詳しくはこちらからご覧ください




示談書の作成

■当事者間の話し合いで慰謝料の金額や支払い方法などが決まっている場合には示談書作成のご依頼をお受けしております。

示談書作成について詳しくはこちらからご覧ください




公正証書の作成

■公正証書代理作成のご依頼をお受けしております。公正証書は慰謝料が長期の分割払いの場合などによく作成されます

公正証書作成について詳しくはこちらからご覧ください






※大東、四條畷、住道、野崎、四条畷、忍ヶ丘などからのご依頼・ご相談をお受けしております。

行政書士の書く不倫慰謝料コラム


内容証明での不倫慰謝料請求で失敗しやすい人

■今回は「内容証明での不倫慰謝料請求」において請求が失敗しやすいのはどんな人か考察してみたいと思います。不倫慰謝料請求は当然相手があることですから全く慰謝料を支払う気がない相手にはどんなやり方で請求しても失敗します。今回取り上げる失敗とは「もうちょっと上手くやっていれば示談が成立したのにな」というようなケースです。


最初の請求金額にこだわりすぎる人
■大抵の人は慰謝料相場より高額な慰謝料の請求をします。それ自体は何ら問題ありません。ただし、不倫相手が減額を要望してきたときに一切対応しないという方がおられます。これは解決を遠ざけるだけだと思います。

■不倫相手がそれなりの慰謝料額を提示してきている場合には柔軟に対応することが重要です。協議が決裂して訴訟に発展したからと言って高額な慰謝料額が認められるとは限らないからです(弁護士費用などの諸費用が必要になるため、実際に手もとに残る金額はかなり低めになるでしょう)。


要求が無茶な人
■代表的な無茶な要求には「高額すぎる金額の請求」「転居や退職を求める」などがあります。1000万円の慰謝料を請求してもまず支払われることはありません(200件請求して1件支払われるかどうかといったところでしょう)、転居や退職というのは訴訟でも認められることがないような(法的な妥当性のない)要求です。


細かすぎる人
■うまく言えないのですが、不倫慰謝料請求において裁判外での示談を目指す場合には一種の「おおらかさ(柔軟さと言い換えてもよいかもしれません)」が必要です。金額を含め請求側の要求全てが通ることは珍しく、基本的にはどこかで妥協が必要になります。細部にこだわりすぎる人だと、不倫相手からの回答の一言一句にこだわり過ぎたりして協議がなかなか前に進まなかったりします。

■「白か黒か」というように完全に決着がつくことはほとんどないものです。請求側からすれば「不倫相手が全部悪いのに何故自分が譲歩しなければならないのか」と思うかもしれません(実際にその通りではあるのですが・・)、しかし相手側も「要求内容や請求されている金額が自分のやったことに対して過大ではないか」などと考えているものです。基本的に示談というのはお互いの妥協によって成立すると思っておいたほうがよいと思います。


ご相談・ご依頼はこちらからどうぞ!




<大東市・四條畷市をはじめ大阪府全域からのご依頼に対応>
大東市(住道駅・野崎駅・四条畷駅)四條畷市(忍ケ丘駅)などからのご依頼・ご相談に対応しております。